クッション言葉などについて勉強した

秘書について勉強をしました。来客に対しては、慣用的に使う改まった言い方があります。これを使うと話し方が丁寧になり、きちんとした言葉遣いができるようになります。クッション言葉とは、会話の中で直接的な衝撃をやわらげる役割を果たす言葉のことです。名前を尋ねるときには「どちらさまでしょうか」、待ってもらうときには「少々お待ちいただけませんでしょうか」などと丁寧な言葉遣いをしますが、これらの言葉の前にクッション言葉を付け加えると、感じのよい応対になります。「わかった」の改まった言い方は「かしこまりました」や「承知いたしました」といいます。「知っていますか」の改まった言い方は「ご存じでいらっしゃいますか」といいます。「用件は聞いていますか」の改まった言い方は「ご用件は伺っておりますでしょうか」といいます。秘書は、各関係者間のメッセンジャーとしての役割を果たします。接遇用語とは、ビジネスの場でお客様を応対する際に使う改まった言葉遣いのことです。http://www.atc-gilde.nl/