印鑑などを勉強しました

勉強をしました。損益分岐点は売上高と費用の額が等しくなる売上高(販売数量)を指します。減価償却は機械や設備など長期間にわたって使用されるものについて資産価値が減った分を会計上、費用として計上することです。会計監査は会社の財務状態が計算書類に書かれている内容と一致するかを確かめることです。公認会計士や監査役によって行われます。引当金は将来、必要と見込まれる費用に対して準備する資金のことです。貸倒引当金などがあります。棚卸しは帳簿上の在庫数量と実際の数量を確認するための作業のことです。繰越金は決算の結果、次の時期に繰り越される利益または欠損金のことです。人は社会生活を営むにあたって、法律と深く関わっています。実印は市町村役場に届け出て印鑑登録している印鑑のことです。印鑑証明書の交付を受けることができます。認印は承認のしるしに押す印鑑のことです。1人で何個でももつことができます。銀行印は金融機関に登録している印鑑です。デオドラントクリーム